FC2ブログ

楽しく健康においしい野菜の生活

毎日のお料理に取り入れた野菜のお話

ニンニクの処分part2

今日も、昨日の続きで、ニンニクの保存をしました。

冷凍庫には、いろんなものが一杯でもう入りません。

酢漬けもたくさんいらないし・・・。

そうだ、オイル付けにしましょうと、やり方を検索。(ネットってホント便利!)

クックパッドによると、みじん切りまたはフードプロセッサーで砕いて、

ひたひたのオリーブオイルにつけたらよいとのこと。

冷蔵庫に保存しないといけないみたいだけど、うちにはぴったりです。

炒め物やカレー、ハンバーグ、なんでも入れちゃうので(^^♪

と、言うことで、久しぶりにショップジャパンで買った、マジックブレンダーの登場です。

RIMG1000+(13)_convert_20160531225006.jpg

めんどくさがりの私は、初め丸ごとにんにくを入れて”ブイーン”。

あれれ・・・コロコロ中で転がってきれいに砕けません。

また、たくさんのニンニクを一つずつ3~4個にカットしました。

それから”ぶい~ん”としました。

何とかきれいにすりつぶせました。

これを、急きょあり合わせの瓶に入れました。

RIMG1004+(10)_convert_20160531225305.jpg

やれやれ、一件落着です。お疲れ様でした。

 今日の夕食には昨夜、(深夜)作った柿の葉寿司です。

50個作って、大好物の父のために半分こしました。(実家にも25個。)

RIMG1002+(11)_convert_20160531225213.jpg


うちのおじさんも、義母も大好きなのです。

私は、生の鯖がたべられません

自分用に、余ったすし飯で、卵のお寿司を作りました。

RIMG1003+(9)_convert_20160531225541.jpg

今日も畑の草引きに追われました。

おつかれさまでした。ごちそうさまでした。

毎日ブログを書きながら、居眠り・・・。

誤字脱字あると思います。

ごめんなさい。




スポンサーサイト



ニンニクの処分

 今日は朝から、昨日収穫した腐りニンニクの処分をしました。

ダメなところは、捨てて、少し腐っているものはバラバラにして、

1かけずつ皮をむきました。

RIMG1000+(12)_convert_20160530204011.jpg


このままだと、腐っていない部分も腐ってしまうからです。

約98パーのニンニクがダメでした。

まともに吊るせるものは、ほんの少し・・・。

半日かかって、やっと終了です。

おじさんと仲良く?二人で…。

私がつい「くさい」とか「は~」とか言う度に怒られ・・・。

だって、ほんとにすごい臭いなのですもの。

どうにか、皮をむけたら、次は保存です。

お醤油に漬けたり、お酢に漬けこんだりしました。

ご近所さんにも「冷凍してね」と、おすそ分けしました。

少しでも捨てるのが少なくなって、良かったです。

ダメもとで、黒ニンニクもチャレンジします。たぶんうまくできないと思うのですが…。

RIMG1001+(12)_convert_20160530203622.jpg

うまくできるとうれしいなあ…。

 今日の夕食には、そら豆ご飯を作りました。

薄皮のままで炊いてみましたが、やっぱり少し食べにくいです。

硬いというほどでもないけど、口の中に残ります。RIMG1003+(8)_convert_20160530204104.jpg
RIMG1005+(8)_convert_20160530204334.jpg


収穫仕立てだったのだけど。

ま、失敗もあるよね。

おかずは昨日のハンバーグ。

タネが残ってしまったので、今日もです。

昨日は煮込みにしましたが、今日は焼くだけ。

お好みでソースをかけて。

おいしあった。ごちそうさまでした。





ニンニクの収穫

吉野あおぞら農園 今日は、ニンニクの収穫をしました。

今年は、何が悪かったのか玉ねぎと同様・・・いえ玉ねぎ以上にニンニクの生育が悪く、

ある程度大きくなったものはほとんど腐ってしまっています…。

ニンニク畑に行くと、すごいにおいがしていました。

これは、ニンニクの腐ったにおいだったのです。

たくさん植えたのですよ…悲しいです。

黒ニンニクを作るつもりだったのに・・・。

腐ったニンニクは捨てて、何とか腐っていないものを収穫しました。

茎の所が腐っていないものは、紐で縛って吊れるようにしておきます。

農業ってホントに大変です。うまく育たないこともよくあります。

育ったところで、収入にもなかなかなりません。

専業農家の方たちの努力と大変さを考えると、尊敬しまいます。

RIMG1003+(7)_convert_20160529200630.jpg

  先日作ったカラカラの続きです。

ビールの缶に切り込みを入れ、羽を作りました。

もう一つの空き缶も、かた方の端を切り取り、もう片方の端に釘で穴を開けておきます。

RIMG1000+(11)_convert_20160529200304.jpg


そして、羽のついた缶にふたをします。このとき、小さな石を入れておきます。

RIMG1001+(11)_convert_20160529200444.jpg


缶の小さな穴の所に、針がねを通します。

そして、針金の先に抜けないようにゴムを取り付けます。

RIMG1002+(9)_convert_20160529200121.jpg


これを畑の棒につけて出来上がり。


風が吹いたら、くるくる回り、中の小石がカラカラと音を出します。

この風車のおかげで、うちの畑はモグラ知らずです。

その代わり、土の中ではミミズがたくさん住んでいます。

良く肥えた土地の証拠…とおじさんは自慢しています。

きょうも、何も植えていない畑に牛糞を巻いていました。

少し手伝いましたが、こちらは意外と臭くなくてよかったです。(やれやれ)

私の農業修行はまだまだ続きます。

お疲れさまです・・・。みなさま。




今日の夕食は、ニンニク、玉ねぎたっぷりのハンバーグでした。

RIMG1006+(8)_convert_20160529220135.jpg

ごちそうさまでした。

野菜販売ショップの名前

吉野あおぞら農園

去年10月に、ネットショップを立ち上げました。

野菜専門の宅配のショップです。

家内農園ですし、義母が中心の小さな農園。

販売するものもあまりないのが現状のため、宣伝もしていません。

そのため、開店休業状態…。

このたび、今年の夏野菜販売に向けて、名刺を作ることになりました。

「青空農園」

というなめだったのですが、うちのおじさんが

吉野あおぞら農園

の方が良いと、ほとんど強引に変えてしまいました・・。

そのことが良かったためか、早速、”そら豆”が買っていただけました。

とにかく売りは、無農薬、有機栽培です。

たくさん採れたものを少しでも多くの人に食べて欲しいとオープンしました。

「町でオーガニックの野菜を買おうとすると、びっくりするくらい高い・・・。」

「消毒にまみれた、きれいなぴかぴかの野菜は食べたくない。」

と、東京に住む娘が言った言葉に感化されました。

体に良くて、おいしい野菜はサイコーですよ。

田舎では、たいていのお家で野菜を作っておられますが、

全く消毒をしないお家は、私は知りません。

うちのおじさんと義母は、とてもこだわっていて、

手で虫を取り、病気で枯れていくものは、そのままに・・・。

土も、たい肥や、高い有機肥料だけを使っています。

えらいな~。と、他人事のように見てしまう私です…。

これからは少し、お手伝いして、助けるつもりです。

とは言っても、箱入り嫁だったため、暑さには弱いので・・・あまり頼りになりません。

ぼちぼちいこか。って感じです。

良かったら覗いてみて下さいね。






RIMG1002+(7)_convert_20160525195040.jpg
RIMG1006+(1)_convert_20160514211626.jpg





具だくさんラーメン

 冬に買ってあった、鍋用の煮込みラーメンの麺が2つも残っていました。

私の悪いところの一つは、”買いだめ”です。

少し安く売っていたりすると、家にあるものでも買ってしまいます。

あんまり家にあるものを把握していないということもありますが、決して痴ほうではありません。

いえいえ、少し自分では物忘れが最近ひどいなあ…という自覚はありますが・・・。

買いだめは、昔からの癖です。

底値でものを買えるとすごく得した気分になって、うれしいのです。

 そういうわけで、ラーメンもお鍋に入れるつもりで買ってあったのですが、使いそびれてしまったのです。

今日は少し涼しい日でしたし、賞味期限も今月15日で切れています。

野菜をたっぷり入れてちゃんぽんを作ることにしました。

1) 新ニンニクをみじん切りにして弱火でゆっくり炒めます。

2) 1に豚バラを一口大に切ったものも入れて炒めます。

3) ニンジン・玉ねぎ・スナップエンドウ・ブナピー・キャベツをそれぞれ細切りにして、
   2に入れて炒めます。

4) 3に、コンソメキューブを溶かしたスープを3人分を入れます。

5) 4に醤油・コショウで味を調えて、麺を入れ2分煮たら出来上がりです。


RIMG1001+(10)_convert_20160528230512.jpg

今回は大失敗!

二人分のラーメンを入れる予定が、何だか少なく感じてしまいまして…。

ええい・・・とばかりに2袋入れてしまったのです。

するとたいへん・・・。2分経つと、水分をたっぷり吸って、だしがありません!

大失敗です。

急いで、小鍋で、コンソメスープを急いで作り、ラーメンにかけて、食べました。

それなりにおいしかったので良いですが。

大失敗の巻でした。

ごちそうさまでした。
     

モグラの脅し・カラカラ作り

 今日は、家でカラカラ作りをしました。

”カラカラ”とは、畑の地面に穴をあけ、地中にもとんねるを掘るモグラを追い払うための

道具です。

ビールの空き缶を使います。

まず、飲み口側を切り取ります。そして、裏側に釘で穴をあけます。

RIMG1002+(8)_convert_20160527210029.jpg

ビニールテープを、穴をあけた側の側面にぐるりと巻きます。

そして、感の側面に縦に八本ハサミでビニールテープの手前まで切ります。

RIMG1001+(9)_convert_20160527210217.jpg
RIMG1003+(6)_convert_20160527205711.jpg

今日の作業はここまでです。

続きはまた後日…。

このくるくる回る「空き缶の風車」は、中に小石を入れるので、とても大きな音が鳴ります。

地面には相当に振動も音もなるのでしょう。

モグラが畑に寄りつかなくなります。

便利です。かなり手間はかかりますが・・・。

いつも思いますが・・・。農業って本当に大変です。

汗水たらして、自然と共存しながら泥や誇りにまみれて働いて、それでも収入はビビたるものです。

(一部の人はたくさんの収入があるようですが)

農業を長年しておられる方たちを尊敬します・・・。

私もできるだけ楽しく体を動かして、働こうと思います。(^^)/


 ところで、今日は新玉ねぎとエンドウ豆のかき揚げを作りました。

エンドウの皮が思ったより硬くなってしまい、失敗でした。

少し日を入れて柔らかくしてから揚げたらよかったかも・・。

RIMG1007+(5)_convert_20160527210349.jpg

さつま芋とスナップエンドウも揚げました。

熱々がサイコーにおいしいです。

麺つゆにつけて食べました。

ごちそうさまでした。

そら豆入りサンドイッチ

今日の朝食は、昨日採ったそら豆を使ってサンドイッチをつくりました。

サニーレタス、キュウリ、ハム、そら豆のサンドイッチ。

卵焼き、サニーレタス、キュウリ、の二種類をつくりました。

サニーレタスは、自家製、オーガニックですよ。

キュウリは、知り合いから頂いたもの。

パンには、バターとマスタードを混ぜて塗ります。

野菜の所には、マヨネーズもかけます。

崩れてしまうので、ラップでしっかり包んでから切りました。

RIMG1001+(8)_convert_20160526191516.jpg
大きすぎますね。

RIMG1003+(4)_convert_20160526191608.jpg
小さく切りました。

RIMG1004+(6)_convert_20160526193025.jpg
コーヒーとともに・・・。

おいしくできました。

 破竹のタケノコをいただきました。

エンドウ豆もたくさん取れました。

そこで夕食は、タケノコ・エンドウ豆・手作りこんにゃく、お揚げを入れて空きこみご飯を作りました。

RIMG1009+(4)_convert_20160526191804.jpg

タケノコとエンドウ豆の煮ものも作りました。

レトルトのエビチリ、若竹汁もつくりました。

RIMG1008+(4)_convert_20160526191431.jpg

ごちそうさまでした。

そら豆


 今日は、そら豆の収穫をしました。

そら豆は、鞘が空をむいてなるので”そら豆”と呼ばれるそうです。

RIMG1003+(5)_convert_20160525195633.jpg

たしかに上を向いていますね。

でも実が成長しておもくなると・・・。

RIMG1002+(7)_convert_20160525195040.jpg

鞘が下を向いていますね。こんな風になるのは、初めて発見しました。

去年は、出来が良くなくて収穫できなかったのです。

今年はたくさん良い実がなりました。

完全無農薬で、オーガニックでの栽培です。

さて、どうやっていただきましょうか。

知り合いに聞いた食べかたは、オーブントースターで鞘ごと焼きます。

20分位焼くと中の実にも火が通りました。

RIMG1004+(7)_convert_20160525195137.jpg
RIMG1006+(5)_convert_20160525195335.jpg

中には、3個の実が入っています。

そして、分厚い薄皮をかぶっているので、それをむいて食べます。

RIMG1008+(3)_convert_20160525202407.jpg

なんだか、素朴で昔懐かしい味がしました。

昔、祖母が、お菓子のように加工された、硬ーいそら豆を持ってきてくれて一緒にたべた記憶があります。

採りたてのそら豆は、柔らかくて昔食べたのと全然違うのですが、味はやっぱり同じなのです。

 夕食には、小さな玉ねぎとジャガイモ、ニンジンなどを入れた、ポトフにそら豆もいれてみました。

すぐに火が通り割れてしまうのでちょっと不向きかな・・・。


RIMG1009+(3)_convert_20160525195505.jpg

また、ほかの調理法も調べてみたいと思います。

ごちそうさまでした。

玉ねぎサラダ

 今日は、玉ねぎの収穫をしました。

今年の玉ねぎは、何かの病気にかかってしまったようで、生育が良くありません。

奈良県全体に玉ねぎの葉が黄色くなってしまうという病気が流行ったようです。

悲しいかな、いつもは大きくて困るくらいなのに、今年の物は、いつもの小さいサイズが大きい方です。

数はたくさんありますので、食べる分には問題ありません。

 今日は、この中の紫玉ねぎをサラダにしました。


カニカマと、レタスもそえます。

辛みが無くておいしい玉ねぎです。

手作りドレッシングでいただきます。

RIMG1003+(4)_convert_20160524194337.jpg


スダチのしぼり汁・醤油・水を1:1:1、砂糖を少々コショウも少しいれます。

スナップエンドウもそろそろ修了なので、最後にもう一度「春巻きが食べたい」とおじさん。

今日は、スナップエンドウに干ししいたけ、ニンジン、春雨、豚肉を具にしました。

初めて収穫したニンニクも使いました。

RIMG1000+(7)_convert_20160524193810.jpg

RIMG1001+(8)_convert_20160524193858.jpg



おいしくできました。

大根の味噌汁も作りました。

RIMG1005+(5)_convert_20160524194215.jpg

いつもの野菜たっぷり、超ヘルシー料理です。

ごちそうさまでした。


川崎さんちのイチゴジャム


 今日は、朝4時起きでした。

いとこの川崎さんちで、いちご狩りをさせてもらうためです。

販売用の収穫が終わったので、「好きなだけ採っていいよ」と連絡をもらいました。

実家の母と、うちのおじさんと一緒に出発です。

良いお天気のため、イチゴのハウスはすぐ暑くなってしまうので朝の数時間が勝負です。

RIMG1003+(3)_convert_20160523223611.jpg
RIMG1004+(5)_convert_20160523223747.jpg
RIMG1001+(7)_convert_20160523223659.jpg


母は、体が不自由なためもっぱら食べるのみ。

いとこ夫婦が手伝ってくれて、あっという間にたくさんの収穫ができました。

RIMG1005+(4)_convert_20160523223833.jpg


その後は、5人でおしゃべりで盛り上がりました。

いとこのHちゃん、お世話になりました。

たくさんのイチゴ、ありがとうございました。

お友達や、ご近所さんにおすそ分けして、残りは自宅で消費・・・。

そのまま食べたり、ジャムを作らせてもらいました。

RIMG1008+(3)_convert_20160523224151.jpg

お鍋にこれくらい



ぐつぐつ煮ます。お砂糖をまぶしておいても良い。
RIMG1013+(3)_convert_20160523224650.jpg

あくを取ります。
RIMG1015+(3)_convert_20160523224747.jpg

イチゴミルクの出来上がり。

RIMG1016+(2)_convert_20160523230751.jpg

あ~おいしかった。

ごちそうさまでした。

夕食は、私の柿の葉寿司の師匠がくれた、柿の葉寿司でした。

RIMG1009+(3)_convert_20160523224256.jpg

RIMG1010+(3)_convert_20160523224410.jpg


師匠の作ったのは、やっぱりおいしい。

そのうち本当に売り出すんじゃないかな?!

いつも頂いてばかりでありがとうございます。

今日は、ラッキーが重なった楽しい日でした。
このページのトップへ